経営、マーケティングを中心にしたビジネス書籍の紹介。仕事のスキルアップに役立つ本を紹介します


マーケティング用CD,本などの教材(59700円相当)を今だけ無料プレゼント!(数量限定)
1億円プレイヤーも誕生!あなたも、90日で投資で儲ける天才になれる!「ir投資スクール」
毎週1冊、厳選されたビジネス書とその概要を“無料”で紹介します!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お気に入りの本が見つかったらココもクリック
ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまるネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる
P・F・ドラッカー
ダイヤモンド社 刊
発売日 2002-05-24
価格:¥2,310(税込)
オススメ度:★★★★


マネジメントの大家、ピーター・ドラッカーによる未来予測。「日本にとっての最大の問題は(経済ではなく)社会のほうである」とし、来るべき未来を予測し、そこで生じる問題や脅威、機会を明らかにしている。
本書の中でドラッカーは、今日の先進国に共通する問題である少子高齢化のインパクトと、それに応じた雇用・マネジメントの変化について論じている。来るべき未来に対応するために、企業の雇用はどうあればいいのか、さまざまな雇用形態が入り乱れるなかで、マネジメントはどのようになされるべきなのか、個人はどのようにキャリアを磨いていけばよいのか、興味深い議論が展開されている。過去の人口ピラミッドの変化に触れながらこれからの社会を予見したり、また産業革命当時のヨーロッパを振り返りながらIT革命の本質について論じたりする部分には、ドラッカーの歴史観が表れていて読みごたえがある。
本書はまた、トップマネジメントやビジネスパーソンへの啓蒙という意味でも価値がある。トップを含む知識労働者の資質や教育、雇用、評価の方法など、知識社会で働くすべての人に欠かせない視点が提供されており、さらに、資本主義の原則では実現できない個人の豊かさについても言及している。本書で示されているドラッカーの歴史的視点からは、多くのヒントを学び取ることができる。(土井英司)

備えることの大切さ 2006-11-05
「マネジメントの父」と呼ばれるドラッカーの作品を通して、
経営学の知識を深めたいと考えて手にとった一冊。

結論から言えば、実践的な経営学の知識というよりは、
歴史、哲学的な要素が多く、
史実を多々例にあげているため、
個人的には若干読みにくい作品であると感じた。

それでも、ネクストソサエティでは
「経済よりは社会が重要な意味を持つ」という論点で、
少子高齢化、とりわけ少子化がもたらす影響や、
それに伴う移民問題、
フルタイムからパートタイム、契約社員への雇用形態の変化、
中高年が中心となる市場の変化、
資金に変わって知識が資本となる知識社会の到来、
専門職に従事する人々の劇的増加、
金銭重視からやりがい重視の社会、
情報社会、グローバル社会の到来など、
21世紀を生きる我々が決して避けて通ることのできない問題を、
明確に書きとめ、その問題に対する解決策を
(それはそれぞれが問題に対して今から備えることなのだが)、
大枠で提案しているところがすばらしいと思った。

ネクストソサエティとは結局のところ、
上に述べたようなこれまでには例のない社会構造がもたらす
様々な問題が起こる社会であり、
これまで通用してきた概念や問題への対処方法の効き目が
薄れる可能性が高い異質の時代なのであろう。

そして、これらの問題に備えている者だけが、
現実に問題と向き合った時に、
試行錯誤しながらでも前に進めるというドラッカーの主張は、
的を得ているのかもしれない。

この作品のエッセンスを要約するのであれば
決して今まで通用したことが、これからも通用するとは思わずに、
短期的、長期的な視野のバランスをとり、
継続、改善、そして時には破壊を効果的に用い、
歴史を多いに参考にしながら、
フレキシブルに対応していかなければならないとなる。

また、日本に関する記述がかなり多いため、
自分が生まれた国の歴史的、経済的な変遷も
大まかに理解することができた。

ただ、別々の論文やインタビューをつなげて
一つの作品としているため、
全体の主旨を理解するのが難しく、
前後で重複する部分もいくつかあったのがやや残念だった。

さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト
お気に入りの本が見つかったらココもクリック
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bizbook.blog95.fc2.com/tb.php/236-69fa3df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。